諸戸氏庭園 HOME | 初代諸戸清六について | 庭園の紹介 | 公開情報・展示会情報 | 交通案内・地図 | リンク | English
御殿・玉突き場(国重要文化財)
 
1890年(明治23年)、当時妻を亡くし、商売もうまくいかず気落ちしていた清六は、家相に詳しい佐野常民子爵の助言を受け、御殿着工を決意しました。棟梁・鬼頭与吉、副棟梁・伊藤末次郎。建築には桑名貯木場の御料材や、東京から建材をわざわざ取り寄せたといわれています。御殿玄関(寄木張りの床)は当時の外務大臣・大隈重信の指図で、外務省の大広間を模したと伝えられています。大隈重信、山縣有朋などの著名な政治家がここを訪れました。

玉突場(ビリヤード場)は御殿とともに建てられました。御殿奥の洋館を含め、当時来賓を迎えるために洋館を設けることが一般的であり、また一種のステータスでもあったようです。

 

 
公益財団法人諸戸財団 〒511-0005 三重県桑名市太一丸18番地 TEL.0594-25-1004
Copyright © 2004 Moroto faundation. All Rights Reserved.