諸戸氏庭園 HOME | 初代諸戸清六について | 庭園の紹介 | 公開情報・展示会情報 | 交通案内・地図 | リンク | English
庭園の紹介
当地は、室町時代には「江の奥殿」と呼ばれ、既に邸宅・庭園の設けもあったといわれています。1686年(貞享3年)、豪商山田彦左衛門が下屋敷・隠居所としてこれを買い求め、庭園を造りました。1884年(明治17年)、庭園は初代諸戸清六の手に移り、御殿と池庭が付け加えられました。その後二代目諸戸精太の代に更に手を加え、今日に至っています。

現在の庭園は二つの部分に分かれています。第一は菖蒲池を中心とした回遊式庭園部分であり、本庭園の中でも歴史的に最も古い部分です。菖蒲池を中心に、西に推敲亭(草庵・地図に)、東に藤茶屋(地図へ)、北に蘇鉄山と稲荷祠(地
図と)がみえます。春にはつつじ・藤・菖蒲などの花々、秋にはどうだんつつじ・もみじの紅葉など、四季折々の美しさを楽しんでいただけます。

第二の部分は御殿とその池庭です。ここは水田であったのを埋め立てて作られ、海抜0以下に位置します。そのため、水門から流れ込む揖斐川の干満の影響を受け、池の水位が上下し、刻々と変わり行く景観を味わう汐入りの池となっていますが、現在は水門が閉じられているため水の流れはありません。
御殿の庭は、松と石を配した、前述の江戸期の庭園とは全く趣の異なった造りとなっています。鳥羽や志摩から運んできた見ごたえのある大石や、青石などが置かれ、幽玄な雰囲気を醸し出しています。

公益財団法人諸戸財団 〒511-0005 三重県桑名市太一丸18番地 TEL.0594-25-1004
Copyright © 2004 Moroto faundation. All Rights Reserved.